占い師として必要な占術

占い師として活躍したいのなら、いくつかの占術を身につけることが望ましいです。ここではそんな占術についてご紹介します。

種類分けができる占術

占術には占星術やタロット、手相などいくつか種類がありますが、それらの占術を大きく3つの種類に分類することができます。それぞれ「」「」「」という名称がついています。それぞれ占い方や占える内容が異なり、それぞれの種類を使えることで、さまざまな相談内容に対応することができます。

占術の種類:命

該当する占術⇒占星術・四柱推命・九星気学・数秘術など
生年月日や生まれた時間、生まれた場所などの情報をもとに、対象の運命や運勢などを読み取る占術です。その人の人生の流れや節目、性格などを読み取ることを得意としています。

占術の種類:卜

該当する占術⇒タロット・易・ルーン・おみくじなど
特定の道具などを用いて、対象の状態などを読み取る占術です。命占のように長期的な期間を見ることができませんが、近い過去~近い未来を読み取るには適しています。また、人の気持ちなど移り変わるものを読み取るのに向いています。

占術の種類:相

該当する占術⇒手相・人相・風水・姓名判断など
目に見える情報から移り変わる情報を読み取る占術です。命占と卜占の中間のような位置付で今は確かなこと(命占)でもさまざまな要因によって移り変わること(卜占)を読み取ります。占うごとに変化した運勢を読み取れるのが相の特徴です。

その他の占術

上記3種類に分類されないものとして、近年人気のあるスピリチュアル系の占術があります。霊感や透視、オーラ鑑定など占い師の特殊能力を用いた占いもあります。これらの占術を「霊」という分類で分けることもあります。これらの占術は特別に情報や道具がなくても読み取れることが多く、大抵のことは占えると言われています。

占い師に必要な占術

占い師として活躍するにあたって、最低でも命占と卜占から一つずつ使えるようにしておくと良いでしょう。変わらない人生の流れを占える命占と、近い過去・未来の移りゆく様を占える卜占により、基本的な事柄はカバーできるかと思います。

習得しておきたい占術:命

命占の中でもおすすめなのは占星術です。知名度も高く、習得に関しても書籍や学校など幅広く展開されているので、手が出しやすく、学びやすい占術でしょう。
四柱推命もおすすめです。四柱推命は的中率の高い占術として有名で、個人に関することのほとんどが占えると言われています。数秘術も近年使用する占い師が増えてきました。数をもとに占う方法で、持って生まれた性格や先天的な運命などを読み取ることができます。

習得しておきたい占術:卜

卜占の代表的な占術はタロットです。占星術と同じように知名度や使用者も多く、学習用書籍や専門教室なども多く展開されているので、非常に手が出しやすい占術です。
易占も知名度が高い占術でしょう。名前は知らなくとも「細い棒をたくさん使う占い」というとピンとくる方も多いかも知れません。吉凶の判断に向いている占術です。

どの占術をどう学ぶのか

さまざまな事柄を占うために、複数の占術を習得しておくと良いとは言いますが、むやみやたらにたくさんの占術を学べばいいというわけでもありません。大切なことは一つの占術をどれだけ深められるかという点です。たくさんの占術が使えたとしても、一つ一つの占術が未熟で、きちんとした結果を出せないのなら意味がありません。まずはじっくりと一つの占術に向き合って、ある程度マスターしてから他の占術にも手を出していくと良いのではないでしょうか。もちろん占いは常に勉強の日々。ある程度マスターして占えるようになったからといってそこで終わりではありません。常にどの占術も向上心を忘れず向き合っていくと良いでしょう。